コンテントヘッダー

ご飯と「う」

シオンとかれんのご飯は、どんどん
玄心の割合が増えてきています。

特にシオンは、私が不安なのでお肉をできるだけ
少なくしようと思って…今では一日40グラムくらい。

生肉主体で、野菜のどろどろをかけていたときは
必ずお肉を探して食べてから、野菜のどろどろを食べていましたが
今ではそんな事をしなくなりました。

お肉も食べるけど、ご飯部分も同じペースで食べる。
やっぱり甘くておいしいのかな?(玄米は甘いからね~)


DSCN5842_20140626175551d84.jpg

そして、炭水化物が増えたにもかかわらず、
「う」の大きさが変わらないのもびっくりでした。
胚芽の部分は出てきてるようだけど、後はきれいに
消化されてるみたい。

(ドッグフードを旅行中にやってた時は、「う」の量が1.5倍-2倍に増えてた。)



3年前と変わらず

シオン

シオンは単3電池2本分。
(実際は縦に2本並べた感じ)




かれん

かれんは単2電池一本分。


それが朝晩2回。


太さの違いは、お尻の穴の大きさなのか?(笑)
だから、どちらの「う」かは一目でわかります。




イタグレの先輩飼い主さんに
「炭水化物をたくさん与えると、イタグレっぽい体型と
ちょっと違う感じになったから、やめました。」
というお話を聞いたことがあります。

DSCN5840.jpg

確かに、シオンはイタグレの筋肉美…はないんだけど。(爆)
それはご飯のせいかもしれないし、お散歩にいかないせいかもしれない。

かっこいいイタグレとはちょっと違うけど、健康で
少しぽっちゃりで私たちを安心させてくれてたらいいや。
(あばらが見えていると、私たちはちょっと不安になるから。特にバナ兄。)

お散歩は…もうちょっと頑張ろうね!
(まだ散歩拒否続行中)



にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村

クリックして投票してもらえると、うれしいです。
いつも応援ありがとう!
(イタグレブログランキングに飛んで行きます)


























スポンサーサイト

テーマ : イタリアングレイハウンド
ジャンル : ペット

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

うんうん。

フェリスの病気がわかるまでは、発芽玄米や雑穀米に麦が中心
でしたが、腎臓には・・・と泣く泣く低リン米(製品)に。
グレースと、別々に焚いていました。
(姉妹なので、先天性だったし、同じような病気にかかる可能性
があるから、予防のためにも、同じ療法食をと、獣医師に、ある時
言われましたので、それからは、グレースも低リン米に。)

低リン米にする前からも、低リン米にしてからも、炭水化物
の割合が多い(お肉類とほぼ同量)ですが、全く太りません。
冬場は、炭水化物の量の方が多いくらいです。
蛋白質制限があるので、蛋白質節約の法則として、むしろ、
積極的に採らせています。
きちんと消化しやすい形で与えると、腸で悪戯をしないで排出
してくれるようですね。
ドッグフードにたくさん入っている豆類やトウモロコシなどの方が
ずっと、腸に悪影響なのにね。

炭水化物をたくさん採らせているから、うちは、イタグレとは違う
体型なんだろうか???

同じ環境で、同じ物を食べさせているのに、違うのは不思議ですが、
(するタイミングは一緒)
どこでしていても、どちらのものか、見分けがつくものですよね。
(下痢だと分かりませんけど^^;)

ゆりさま

ゆりさんの、グレフェス姉妹の食事管理は
素晴らしいと思います!!
それも、ちゃんと自分で調べて、獣医さんとも
相談しつつ食事を作ってはりますもんね。
私はおばちゃんに相談しているので、その分
楽させてもらってます。(^-^;

グレフェス姉妹の場合、何を食べても運動量が多いから
太らないような気がしますが…。(笑)
むっちむちの筋肉は、何度も書いてますが
飼い主さんの努力の賜物です!!(^-^)
サラブレッドのようなグレースちゃん・フェリスちゃん。
ゆりさん(とゆりさんの趣味)にはぴったりのイタグレだな~って
思います♪


プロフィール

さらさらぴこ(飼い主①)

Author:さらさらぴこ(飼い主①)
三重県・奈良県・滋賀県・京都府の
県境に住んでいます。
シオン(ブルー♀)
かれん(レッド♀)

今日でいくつになったのかな?
最新コメント
最新記事
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
QRコード
QR