コンテントヘッダー

メモ 玄神と玄心の作り方

熱が出たときに(熱・炎症を抑える)

玄神

1.玄米1合(または適量)を洗わずに土鍋などで強火で炒る。(できれば有機のもの)
2.こげ茶になり、次に黒くなって玄米に粘りが出て煙が出てきたら火を止める。
  (はぜさせないように注意)
3.そのまましばらくは、くっつきあわないように混ぜておく。
4.8倍の水で煎じる。2/3位の量になれば出来上がり。
5.上澄みを飲む。
 

炒ったらすぐに煎じる。
炒った米の方も食べる事ができる。
熱が下がったら玄神ではなく、玄心に変える。







普段の食事に。悪いものを流す作用がある。滋養。

玄心

1.玄米を洗わずに土鍋などで弱火で30分炒る。
 はぜさせないように注意。白ゴマより少し茶色い程度。
2.10倍の水で煎じる。玄米を食べる時は、玄米がつかる程度の湯。
(どんどんはぜてくるので、足す必要あり)
1時間ほど炊く。
3.固形物が食べられない場合は、上澄みを飲む。
 固形物が食べられる場合は、水分を含んだ玄米を食べる。



玄神・玄心を炒る時は、金属製の鍋はなるべく使わない。
煎じる時は構わない。



スポンサーサイト

テーマ : イタリアングレイハウンド
ジャンル : ペット

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さらさらぴこ(飼い主①)

Author:さらさらぴこ(飼い主①)
三重県・奈良県・滋賀県・京都府の
県境に住んでいます。
シオン(ブルー♀)
かれん(レッド♀)

今日でいくつになったのかな?
最新コメント
最新記事
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
QRコード
QR