コンテントヘッダー

日本最古の神社へ

9/22 月曜日

朝起きて、ざざぶりの天気にびっくり。
天気予報では、月曜日も曇り時々晴れだったはずなのに。

調べると、紀伊半島の南のほうだけ雨雲がかかってる。
ということで…


急いで20キロ北上(約30分)して、三重に戻って来ました。



だって、シオンもかれんも雨の中では、うろうろしても「し」してくれないし。

三重に戻る手前から雨はやんでいたので、三重に入って一番最初の
道の駅にやってきました。



道の駅紀宝町ウミガメ公園です。

DSC_8306.jpg

…「道の駅とシオンとかれんの写真を撮って」って言ったのに、
こんなのの写真しか撮ってなかった。(爆)

この道の駅には七里御浜(昨日の記事で紹介)にやってくるウミガメを
飼育研究している施設があるんですよ。写真はないけど。



で、この道の駅からちょっと走った所にあるのが
世界遺産 花の窟・花窟神社 です。

ここは、火の神様・カグツチノミコトを産んで
灼かれて亡くなったイザナミノミコトが葬られています。
なんでも、日本書紀にも記されている日本最古の神社だそうですよ。

そんなすごい神社が伊勢神宮のほかにも三重にあったとは!!




DSC_8311.jpg

で、ダメもとで「犬は連れて入れますか?」と聞いてみました。
そしたら、「抱っこでどうぞ」だって。

本宮さんや橿原神宮は、境内までは歩かせたりできたんですが
ここは鳥居さんの所から抱っこです。





DSC_8313.jpg

朝早かったので、まだ空いていました。




DSC_8315.jpg

高さ70メートルの巨岩が、この神社のご神体です。





DSC_8317.jpg

こちらが御祭神 イザナミノミコト


しんとした中で、岩だけがあって
なんともいえない雰囲気だったのですが…それは数分間だけ。
この後、どっとツアー客がやってきて賑やかになりました。


まだまだ北上を続ける私たち。



DSC_8319.jpg

熊野・尾鷲を走っていると、あちこちにこのような標識があります。
ポストの数よりも、熊野古道の案内板の方が多いんじゃないかと思うくらい。
熊野古道はそこらじゅうを通っているので、いろんな所から入って行けるようです。
それぞれのコースには名前がついていて、それぞれに特徴がありますよ。
(私とバナ兄も昔、3-4本歩きました)




さて、月曜日のメインイベントの入り口に到着。

DSC_8321.jpg

海沿いの遊歩道のはずだけど…えらく高くない?





DSC_8323.jpg

歩くか、船でしかたどり着く事のできない岬へGO!





DSC_8324.jpg

ちょうど写真の左上に写ってる所あたりかな…。
まあ、このハイキングもサプライズ続きでした。良くも悪くも。




にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村

クリックして投票してもらえると、うれしいです。
いつも応援ありがとう!
(イタグレブログランキングに飛んで行きます)










スポンサーサイト

テーマ : イタリアングレイハウンド
ジャンル : ペット

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

知らなかった~

日本最古の神社!
知らなかったー。

よいところに住んでるねえ。

巨岩がご神体なんて、まさに神話の世界!!!
ご利益もどーんとありそうだね♪

わさびママさま

伊勢神宮といい、この神社といい
本当に神話の世界です。
そういえば、そんな話もあったな~と
古事記を読みなおそうかと思ったり。(^-^)

No title

何回も前通ってるのに~
日本最古の神社だったんですね~
花の○○って書いてあるからなんだろうとは思ってたんですよねv-410
確かに尾鷲熊野はあっちこっちで熊野古道の標識ありますね。
一度も侵入したことないですけど(;´・ω・)

華ままさま

私もこの前を10回以上は通ってるはずなのに
今までは行った事がありませんでした。
中に入らなくても、道路から見る事ができるので
抱っこが大変だったら、そちらから見るのもアリです♪
プロフィール

さらさらぴこ(飼い主①)

Author:さらさらぴこ(飼い主①)
三重県・奈良県・滋賀県・京都府の
県境に住んでいます。
シオン(ブルー♀)
かれん(レッド♀)

今日でいくつになったのかな?
最新コメント
最新記事
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
QRコード
QR