コンテントヘッダー

かれん骨折 備忘録1

かれんの骨折について、細かい所を書きとめておくため
そして、どなたかの参考になればと思い
防備録を残しておきます。


2/17 シオンの誕生日。 気温は10度くらいで2月にしては暖かい日でした。
ポニーだワンで遊んで…20-30分たった頃でしょうか、かれんが急に「キャイン!」と
ないて止まりました。(11:30頃)

誰に追いかけられてたわけでもなく、こけたわけでもなく、
土と芝生のなだらかな斜面で走っていただけです。
macciさんと私が見ている目の前で起こったので、これは
間違いありません。

それ以上鳴かないので、「ひねっただけかな?」と思い
少しさわったり、下にそっと下ろしてみましたが
あまり痛そうにしている感じはなく、でも抱っこをせがむので
しばらく抱っこをしていました。


ちょっとしてから、「そろそろ大丈夫かな?」と思って
おろしてみましたが、やっぱり足をつこうとはせず
抱っこをせがみます。

走っていないとやはり寒いみたいで、震えていました。
車の中は太陽の光のおかげで暖かいので、
車の中のクレートに寝かせました。

ケーキを食べて、しばらく遊んで
「かれんも、もうショックから立ち直ったかな?」と思って
クレートから出してみましたが、状況は変わらず。
また、暖かい車内のクレートで休ませました。
相変わらず、かれんは鳴くことはなく、大人しくしていました。

2時に誕生日会がお開きになって、家に着いたのが3時。
3時半に家を出て、4時に開くおばあちゃん先生の病院へ
連れて行きました。

この時は、「きっとひねっただけだから、レントゲンにも
写らないだろうけど…一応見てもらっておこう」と
簡単に考えていました。


先生は、ちょこっと触って、
「腫れてるし、骨折の可能性があります。ここでは
整形はやってないから、○獣医さんの所に連れて行ってから
レントゲンを取った方が2度手間にならなくて済みます。」
といった事を言いました。


私が、「でも、痛がってないみたいなんですけど…
触っても鳴かないし。」というと、
先生は、「いや、ここを触ると『イヤ』って言ってる。
痛がってるよ。」と言いました。

…私は大げさに鳴くシオンに慣れていたので、かれんの
微妙なサインに気づいてやれていなかったのです。


骨折の可能性があるということで、私はブリーダーさんに
連絡しました。以前、「2メートルの所から落ちて、骨折した子が
変な病院にかかって骨がぐちゃぐちゃになって…」という話を
聞いた時に、「何かあったら、まずうちに連絡して。いい病院も
知ってるから。」と言われていたからです。

連絡すると、「今から、神戸の病院で合流しよう。それが
一番ええわ。」と言われましたが、しばらくして、「今日は
午後は2時までで閉まってる」と連絡がありました。

とりあえず、この地域で一番大きな病院へ連れて行って
診察してもらいました。

そこでレントゲンを見て、私は泣き崩れてしまいました。
パッキリとおれた部分が写っていたからです。

診察してくれた若い先生は、
「まず今日は固定して、それからプレートを入れる手術に
なりますが、在庫がないので、取り寄せになります。」
といった説明をしてくれました。

ただ、
1.この病院の専門分野は腫瘍である事
2.イタグレの骨折の手術は、年に2件程度扱っている事
3.くっつかない子もいる…と説明された事
4.プレートが少なくとも土曜日まで届かない事
が気になったので、とりあえず連れて帰る事にしました。


それから、ブリーダーさんにまた電話をした所
「手術はしなくていいかもしれないから…
神戸の病院へ明日の朝一に集合しよう。」と言われ
次の日の長距離運転に備えて、寝ることにしたのです。
うつらうつら、という感じでしたが。



かれんギブス



にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : イタリアングレイハウンド
ジャンル : ペット

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

お大事に・・・

そろそろ初のご対面を…とワクワクしていたところだったので驚きました。
人間で考えると、若いとくっつきも早いのかな?と思ったりしますが、
早く元気に走り回れる日が来る事を祈ってます。

かれんちゃん、がんばってね!

本当に大変な時に
防備録とはいえ、参考になればと
ブログをアップしてくださっている
さらさらぴこさんに頭が下がります。

今週末の件は本当に残念でしたが
メールにも書かしてもらったとおり
これから、暖かくなるし!いつでも
お会いできる機会が増えると思います!!

さらさらぴこさんと飼い主②さんで
かれんちゃんをしっかりと、直してあげて下さいね。
一日でも早い回復を祈ります。

病院ですが・・・

骨折の記事を読んでビックリしました。

うちでもラナが2回骨折しているので、骨折については色々な病院を調べていました。
関西では『岸上獣医科病院』というところが良さそうですがご検討してみてはいかがでしょうか?
イタグレはホントに特殊です。
骨が細いし、骨折しているのにプレート入れると痛みがないので
ジャンプはするし、普段通りおとなしくしてくれないし・・・
うちでもかなり悩みました。

イタグレの事例をたくさん見てくれている病院が良いと思います。
けっこう色々なブログを見ましたが、骨折すると、みなさん遠方でも
安心出来る病院に行かれる方が多いようですよ。

ちなみにうちは新宿の相川動物医療センターに通いました。
あと、出来ればプレート入れても完全に骨がくっついたらプレート抜いてくれる選択肢のある病院が良いのではないかと思います。

ラナは、プレート抜いて2カ月経ったときに、私が気を許した為に
その完璧に埋まっていないピン穴からまた再骨折をさせてしまったのですが、次の手術は創外固定法をして、固定を外すと同時に骨にプレートやピンは入ってない状態になっています。
今は完治し、見ていただいている通り走りまわれるようになりました。

余計なおせっかいですが、一度考慮していただけたら幸いです。
私の1年半の骨折静養生活で得た少しの知識です。

余計な不安を与えたくはありませんが、病院選びは結構大切かもです・・・。
不安がたくさんあるかと思いますが頑張ってくださいね。
陰ながら応援しています。

長いコメント、失礼しました。

早く良くなりますように・・・

記事見てびっくりしました!
いや、ワタシよりさらさらぴこさんの方が
びっくりされましたよね・・・。

かれんちゃん、今頃お医者さんに
診ていただいてるでしょうか・・・?

ワタシの方でのかかりつけの獣医さん曰く
(実際にイタグレを2頭飼っている獣医さんです)
骨折は、何でもないことでも起こるのがイタグレ、と
以前、どうゆうことに気をつけたらいいのか
相談した時に仰っていました。

イタグレは走る時に細い足で支えているため(特に前足)
ちょっとターンしただけでも、入りどころが悪いと、
それだけでも骨折してしまうことがあるそうなんです。

それを伺った時正直、、ワタシ、そんなのどう注意して
あげていたらいいのかわからない・・・と思ったものでした。
さらさらぴこさんが、どういった状況でそうなってしまったのか
書いてくださったおかげで、その事実を思い出しました!

普段の生活では忘れがちなので
(ワタシの場合いろんなことを忘れがち・・・)
注意深く見れるコトは見ていなきゃ、とキモチを新たにしました。

かれんちゃんは、キチンとした病院に連れて行ってくれる
さらさらぴこさんやブリーダーさんがいるから
ワタシは心配はもちろんなのですが・・同時に、安心もしてます!
かれんちゃん、がんばってね!

No title

あわわわ・・・なんともカレンちゃん大変なことに・・・記事のタイトル見てビックリしました。

イタグレは、骨折の多い犬種と聞いて覚悟はしていますが、やはり実際の姿を目の当たりにするとつらいですね。
こんな時に何ですが、この記事とても参考になりました。さらさらぴこさんとカレンちゃんに心からお見舞い申し上げます。

No title

骨折したときは、尋常じゃないほど
泣きわめくもんだと思ってました。
幸ちゃんも千代ちゃんも、ちょっとお友達とぶつかっただけで
さも大けがをしたかのような鳴き方をするので・・・。
こんなにも静かに、痛みに耐える子もいるんですね。

さらさらぴこさんと飼い主②さんのサポートと、
かれんちゃんの若さで、きっと先生もビックリするほどの早さで
治るものだと信じています!

No title

一つ前の記事の、「骨折」のタイトルを見て、
胸が締め付けられる思いで内容を読みました。

先週末、イヴカレンの異母姉妹のアリスちゃんが骨折したばかりで、
かれんちゃんまでもと、心が痛みました。

しかも、ただ走っていただけ?
そんなことで折れてしまうことがあるのですね。。

これから、気が張ることが増えるかと思いますが、
どうかさらさらぴこさんもお体に気をつけください。

かれんちゃんの一日も早い回復を、お祈りしています。

No title

やはり骨折でしたか・・・
骨折じゃなきゃいいんだけどと思っていましたが。
病院はやはりイタグレの経験があるところがいいですよ。
うちの場合はあまりイタグレをわかってないような先生(かかりつけでないところ)の手術を最初にうけたもんだから、再骨折、再々骨折ってことになってしまいました。
今はかかりつけの先生に色々相談しながら治療してます。
幸いうちでは骨吸収もないようなので、まだプレートははいったままです。
ホントにイタグレは特殊で細く平べったい骨なので難しいみたいです。
先生にはわからないことはどんどん聞いて最適な治療を受けてくださいね。
何を言っていいかわからないのでダラダラと書いてしまいましたが、
さらさらぴこさんも落ち込まず、がんばってください。

No title

記事をみてビックリしました。。。
かれんちゃん痛かっただろうけど本当によく頑張りましたね。
これから完治するまで何かと大変だとは思いますが、飼い主様も、かれんちゃんも頑張って下さい!!
心からお見舞い申し上げます。

No title

かれんちゃん がんばれ。
さらさらぴこさん がんばれ。

骨折したときは、悲痛な鳴きかたをするのだと思ってました。
そうではない子もいるのですね。
かれんちゃんの大人しい姿を想像すると
胸が締め付けられます。
がんばれ かれんちゃん。

早くよくなりますように…!

かれんちゃんの骨折記事、びっくりしました。
腕のいい先生にきちんと治してもらえるといいですね…。
それにしても、かれんちゃんは
ずいぶんと我慢強い性格なんですネ。
かれんちゃんなら、療養生活も根性で乗り切ってくれそう。
さらさらぴこさんも気持ちを強く持って
かれんちゃんのサポート、頑張って下さいネ。
イタグレ飼いとしては、骨折は他人事ではないので
遠くからですが、早くよくなるよう応援してます!

お互いに早くよくなりますように・・・・・

大変ご無沙汰しております。
アリス&ニコラ家のりんごまるです。

なんだか他人事だとは思えず、
コメントをさせていただいてしまいました・・・
実はアリスも12日に右手首を骨折してしまったのです。
手術も終わり、現在はまだ入院中です。
退院後が大変だろうな、と色々覚悟しております。
お互いに早くよくなるように頑張って行きましょうね(TT)

No title

本当に一番辛い時だと思うのに、
参考になればと、こんなにきちんとアップされて
私もさらさらぴこさんに本当に頭が下がります。
私は今でもこんな風に骨折と向き合って記事を書けません。
こまつなも最初の一度きりしかなきませんでした。
こまつなの場合は見るからに足がおかしかったので、
すぐに分かりましたが、かれんちゃんは分かりづらかったんですね。。。
かれんちゃん、すごく頑張ってるね。
ママさん、パパさん、ブリーダーさん、
一生懸命、かれんちゃんに一番いい方法を探してくれてるから、
安心してね。
よわよわのこまつなでも大丈夫だったから、
かれんちゃんも大丈夫。
さらさらぴこさんもどうかお体に気をつけて、
元気出して下さいね。
こちらから精一杯応援しています。

ラナまま さま

> うちでもラナが2回骨折しているので、骨折については色々な病院を調べていました。
> 関西では『岸上獣医科病院』というところが良さそうですがご検討してみてはいかがでしょうか?

ご心配いただき、本当にありがとうございます。
こういった情報をいただけると、すごくうれしいです。
今回は、ブリーダーさんの紹介で
イタグレ、そして骨折をよく扱っている病院を
知る事ができましたが、そうじゃなかったら…
必死で情報を集めなければいけないところでした。
こうやって、アドバイスいただけると、
ブログやっててよかったな…としみじみ思います。

kyonhimeさま

> そろそろ初のご対面を…とワクワクしていたところだったので驚きました。

そうですね…もうちょっと暖かくなったら、
近くのドッグカフェでお茶でも、と思っていましたが…。

> 人間で考えると、若いとくっつきも早いのかな?と思ったりしますが、
> 早く元気に走り回れる日が来る事を祈ってます。

元気になったかれんを見てやってくださいね。

あるかあちゃんさま

> 本当に大変な時に
> 防備録とはいえ、参考になればと
> ブログをアップしてくださっている
> さらさらぴこさんに頭が下がります。

そんな風に言っていただくとうれしいです。
このあわただしい時に、「どうしてこういう決断を
したんだったか?何を言われたんだっけ?」というのを
忘れないために書いています。
後は、やっぱり、少しでもこの情報が
役立つことができたらいいな…と。

Makikoさま

> イタグレは走る時に細い足で支えているため(特に前足)
> ちょっとターンしただけでも、入りどころが悪いと、
> それだけでも骨折してしまうことがあるそうなんです。

ありがとうございます。これを読んで、少し肩の荷が
降りたというか…。
何が悪くてなったのか、全く見当がつかなかったんですが
こういうことがあるのがイタグレ、なんですね。
情報ありがとうございます。

kanaさま

> こんな時に何ですが、この記事とても参考になりました。さらさらぴこさんとカレンちゃんに心からお見舞い申し上げます。

少しでも参考にしていただければ、うれしいです。
こんな知識が役に立つ日はきて欲しくないですが…。

macciさま

> こんなにも静かに、痛みに耐える子もいるんですね。

固定される時も、なかなかったそうです。
「この子は、頑張りやさん過ぎますね。」って
若い先生に言われてしまいました。
いつもは、私が二階に行くだけで
キャンキャンなくのにね…。

snowさま

> 先週末、イヴカレンの異母姉妹のアリスちゃんが骨折したばかりで、
> かれんちゃんまでもと、心が痛みました。

アリスちゃんもなんですね…。

> しかも、ただ走っていただけ?
> そんなことで折れてしまうことがあるのですね。。

本当に不思議なんですが、見ている前でだったので
疑いようがありません。骨太のかれんだっただけに
今でもなぜ?という感じです。

> かれんちゃんの一日も早い回復を、お祈りしています。

ありがとうございます。

おじねぎさま

> 病院はやはりイタグレの経験があるところがいいですよ。

そうですよね…。田舎なので、神戸まで行く羽目に
なってしまいましたが、正しい選択だったと思っています。

> 何を言っていいかわからないのでダラダラと書いてしまいましたが、
> さらさらぴこさんも落ち込まず、がんばってください。

情報ありがとうございます。がんばります!

我が家ぱぱ&まま さま

> 記事をみてビックリしました。。。
> かれんちゃん痛かっただろうけど本当によく頑張りましたね。

はい。かれんは頑張りました。
そして、今も頑張っています!

> 心からお見舞い申し上げます。

ありがとうございます。

ナツミさま

> かれんちゃん がんばれ。
> さらさらぴこさん がんばれ。

ありがとうございます。
かれんに、届きますように!

メグママさま

> イタグレ飼いとしては、骨折は他人事ではないので
> 遠くからですが、早くよくなるよう応援してます!

暖かい沖縄からの暖かい思いが、
かれんに届きますように…。
ありがとうございます。

りんごまる さま

> 実はアリスも12日に右手首を骨折してしまったのです。

今、記事を読ませていただきました。
アリスちゃんも、大変でしたね…。
ああ、もっと早く読んでいれば、病院で
いろいろ聞く事もできたのに…。
大変詳しく書かれていて、参考になりました。

> お互いに早くよくなるように頑張って行きましょうね(TT)

ありがとうございます。
ちょっとクラスメート(?)みたいで
心強いです。

こまつなのママさま

> 本当に一番辛い時だと思うのに、
> 参考になればと、こんなにきちんとアップされて
> 私もさらさらぴこさんに本当に頭が下がります。

いえ、今のうちに書いておかないと忘れそうで、
そして、かれんにも会いに行けない今は
何かしていないと泣いて一日が終わりそうで
とにかく、書き記しておきました。

> よわよわのこまつなでも大丈夫だったから、
> かれんちゃんも大丈夫。

こんな事まで、こまつなちゃんを先輩にしてしまいました。
先輩を見習って、かれんも完治しますよ!

> こちらから精一杯応援しています。

ありがとうございます!
プロフィール

さらさらぴこ(飼い主①)

Author:さらさらぴこ(飼い主①)
三重県・奈良県・滋賀県・京都府の
県境に住んでいます。
シオン(ブルー♀)
かれん(レッド♀)

今日でいくつになったのかな?
最新コメント
最新記事
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
QRコード
QR